<< iPadでPythonを使う(Pythonista3 基本操作編) | main | iPadでPythonを使う(Pythonista3 Widget操作編その2) >>

iPadでPythonを使う(Pythonista3 Widget操作編)

 

前回からの続きです。

 

pythonista3は、iOSネイティブ(独自)のUIを簡単に使うことができます。

 

何はともあれ、まずは、基本のボタンを使ってみましょう。

 

新規作成(+)から、Script with UIを選びます。

 

 

前回、説明したとおり、プログラム名、フォルダを指定してCreateをタップします。

 

 

すると、testbutton.pyとtestbutton.pyuiのふたつのプログラムファイルが作成されます。

まずは、そのうちのtestbutton.pyuiをタップします。

下のように出ますので、上の+印をタップします。

 

 

そうすると、Add Viewが出ます。いろいろありますが、

 

 

今回はbuttonをタップします。

下のように出ますので、ボタンのプロパティを変えてください。

ボタンの大きさ(左右上下にスワイプ)、Title(ボタンの文字)、Action(タップしたとき実行する関数名)など

 

 

今回は、Titleを「ここを押して」、Actionをbuttontapとしました。

 

 

次に、testbutton.pyをタップします。

下のようにコードを打ち込んでください。

(1,8,9行目はあらかじめ作られています。)

 

 

4行目の

def buttontapが先ほどActionで指定した関数です。

プログラムとしては、testbutton.pyからtestbutton.pyuiを呼び出して実行しています。

 

あとは、実行してもらえば、

 

 

ボタンをタップすると、Pushのアラートが出て、Cancelすると、

ボタンの名前が、「こんにちは」に変わっています。

 

終了するときは、左上の✖印をタップしてください。

 

ウインジェットの基本的な使い方は以上ですが、

次回は、もう少し役に立ちそうなプログラムを作ってみます。

 

次回へ続く

 

 

この記事に関しては、ひとりぶろぐを参考にさせていただきました。

ここのぶろぐでは、pythonista3についての全般的な説明があります。

丁寧な記事に感謝いたします。

 

 

 

JUGEMテーマ:プログラミング

| python | 08:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
カウンター


今日
昨日
レンタルサーバ/プロバイダー




ファッション
カタログ通販ベルーナ(Belluna)

イマージュ - IMAGEアウトレットセール
yahoo・その他


買い物
ビックカメラ.com



Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM